2018/3/14

チーム精研の一員を求めています
チーム精研の一員を求めています

求める人材

チーム精研の一員を求めています

相手の話を「聴く力」を大切にしています
まず、大切にしたいのは「人の話をきちんと聴いて理解できる」能力です。ある意味、それさえあれば学歴も性別も問いません。この力はそれくらい欠かせないものなのです。そもそもお客様の話を聴いて理解できなければ、課題を見いだすことも解決することもできません。アイデアを出してくれる仲間に対しても同じです。

マニュアル通りにはいかないからこそ
私たちは産業用の刺繍という特殊な世界で活動をしています。一歩足を踏み入れると、その内容は実にさまざま。ある意味、一つとして同じ現場はないと言っていいでしょう。そのためマニュアル通りの技術や知識では解決できないことがほとんどです。だからこそ、微に入り細に入り、しっかりと状況を把握し対応する必要があるのです。

仲間と力を合わせるためにも
逆に、一人ですべてを解決する必要はありません。新人であればなおのこと、ベテランになっても仲間同士の協力は欠かせません。一人が経験できるケースには限りがあります。しかし大勢が集まればその限界を超えられます。ここでも「人の話を聴いて理解できる」力が求められます。社員が相互にこの力を発揮することで、課題も解決策も共有できるのです。

対応するべき課題は現場にあり
なお、難しい数式の理解力や手先の器用さは必要ありません。電気系や工学的な基礎があれば役に立ちますが必須ではありません。必要な内容は仕事をしながらでも身につけられます。そして常に外に出ることが多い仕事です。対応すべき機器はお客様の元にあります。状況を知るにも解決をするにも、現場に足を運ぶのが日常です。移動を楽しめることは重要です。

「会って話して」みたいので
試験については「面談」を最優先に置いています。私たちには、会社であると同時に一つのチームのような一面があります。それぞれが自立しながら、必要に応じて連係プレーをこなすのです。

そのため「一緒にやれる」という感覚をとても大切にしています。私たちが求めるのは「精研の一員」として、ともに働いてくれる仲間です。エントリーをお待ちしています。

ホームへ先頭へ前へ戻る